カテリーナ・レフカ

校正, 編集

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

ジャーナリストに対する戦争中におけるロシアの犯罪

ロシアの犯罪

ジャーナリストに対する戦争中におけるロシアの犯罪

2月24日、ロシア連邦はウクライナへ全面侵略を開始しました。侵略の前でさえ、ロシア当局は自国の言論の自由を抑圧していましたが、戦争が始まると状況は悪化しました。外国の情報源は国家レベルでブロックされ、ロシアメディアはプロパガンダに従事しており、一方で独立したジャーナリズムは彼らにとって不都合であり危険なものとされています。情報分野で勝利することの重要性を認識しているロシア人は、真実を隠したり歪めたりすることからジャーナリストを物理的に破壊することまで、最も汚い方法を使って目標を達成することを躊躇いません。

一時避難民のための建設プロジェクト

戦争

一時避難民のための建設プロジェクト

ウクライナでの全面戦争中に、何千もの家屋が破壊され被害を受けました。ロシアの占領者はすでに多くのウクライナ人の不動産を破壊しています。さらに、何百万人もの人々が最前線から国内のより安全な居住地に避難することを余儀なくされています。これらすべての人々はどこかに住む必要があります。ウクライナ政府はすでにこれらの問題に対処するためのメカニズムを考案しており、ウクライナのさまざまな都市の建築会社は、一時避難民が定住したり、仮設住宅に避難したりするのに役立つソリューションを考案しています。

海外の大学はウクライナの学生を支援している

戦争

海外の大学はウクライナの学生を支援している

ロシアによるウクライナとの全面戦争が始まり、多くのウクライナの学生たちは勉強する機会を失いました。検事総局によると、4月18日現在、1,018の教育機関がロシア軍による爆撃と砲撃により被害を受け、そのうち95が完全に破壊されています。ガジェットの損失、インターネットと電気の欠如、他の都市への避難、絶え間ない砲撃または居住地の一時的な占領など、これらおよび他の理由により、学生たちは勉強を続けることができていません。

ロシア人がまだ飛行機で行ける国は?

戦争

ロシア人がまだ飛行機で行ける国は?

2022年2月24日以降、ウクライナの領空は封鎖されていますが、それは多くの場合、ウクライナ人が飛行機でどこかに行こうとする際に自分たちの命を守るためです。ウクライナ人が生か死かの問題に悩まされている一方、侵略国ロシアの住民は、経済的圧力と旅行の不便さに不平を言っています。

資金はスクラップに費やされる なぜロシア人は1億6400万人分の年金を捨てたのか

ロシアの犯罪

資金はスクラップに費やされる なぜロシア人は1億6400万人分の年金を捨てたのか

ウクライナ軍参謀本部によると、戦争開始以来、3月30日の時点でロシアは4,417ユニットの様々な兵器と、17,000人以上の兵士を失いました。さらに、2022年3月29日時点のアメリカ国防総省のデータによると、ウクライナでは1,370発以上のミサイルが発射されました。そして、この数は絶えず増加しています。

Ukraїnerをフォローする