フリスティナ・クラコウシカ

フォトグラファー, ムービーカメラマン

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

マリウポリの声 マーシャ

マリウポリの声

マリウポリの声 マーシャ

マリウポリの声とは、包囲されたマリウポリから避難することができた人たちのストーリーを聞くシリーズです。このシリーズは、3月16日に家族と一緒に避難した地元の女性のマーシャとの電話での会話から始まります。

3月8日〜3月13日 どのようにウクライナは占領に対抗しているか フォトダイジェストNo.3

フォトダイジェスト

3月8日〜3月13日 どのようにウクライナは占領に対抗しているか フォトダイジェストNo.3

今回で既に7回目のフォトダイジェストとなりました。ロシアがウクライナに対して本格的な進行を行ってから2週間がたちました。ロシア占領軍は、避難のための人道回廊設立と一時停戦を約束をした一方で、マリウポリにある助産院と小児病院に対して攻撃を行い、 生物研究所についてフェイク情報を流し、そして生物兵器を使用する可能性があります。

3月2日〜3月7日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.2

フォトダイジェスト

3月2日〜3月7日 どのようにウクライナは占領に対抗しているかフォトダイジェストNo.2

ウクライナはもう1週間以上防衛を続けており、一部の地域で士気を失ったロシアの軍隊を押し返してます。プロパガンダの扇動者は数日でキーウを占領することを約束しましたが、それは実現できませんでした。ウクライナは攻撃に耐えていますが、同時にロシアは戦術を変更し、民間人に対する恐怖に陥れ始めています。

2月24日〜3月1日 どのようにウクライナは占領に対抗しているか フォトダイジェストNo.1

フォトダイジェスト

2月24日〜3月1日 どのようにウクライナは占領に対抗しているか フォトダイジェストNo.1

この数日では、ヨーロッパ歴史の流れが完全に変わりました。かつての帝国がかつての植民地を公然と攻撃し、主権国家の権力を変えようとしています。 ウクライナ人は侵略者に対して激しく 抵抗しています。最初の2日間でウクライナへ侵攻するようロシアとベラルーシの独裁者が脅かしていましたが、その通りになりませんでした。これらの写真は、すでに私たちの時代の歴史的な瞬間となっています。

ロシアの戦争とその影響の30年史

ロシアの犯罪

ロシアの戦争とその影響の30年史

ロシアは平和をもたらす者であり平和を目指している、とロシアは常に述べてきました。2014年、ウクライナでの軍事衝突が始まってから、ロシアはまるで誰かを救いに来た者かのようなストーリーがずっと存在していました。そのようなことが10年も続いており、世界は実際それに気づいてきませんでした。ウクライナによる撃退と、ウクライナ軍の勇敢さのみが、これは地域紛争ではなく完全にグローバル規模の戦争であることを世界に伝えていました。

Ukraїnerをフォローする