アナスタシヤ・クリモヴァ

コンテンツ作成に
参加しました。

ドニプロ ジャズとウクライナ軍の支援

戦争

ドニプロ ジャズとウクライナ軍の支援

全面的な戦争のため、文化的イニシアチブは、主に軍と民間人を助けるためにその活動を変えました。しかし、もともとの使命は変わらず、創造し続けることです。 このようにアートは、困難な時代に人々の精神を支え、勝利を近づける特別な武器となります。 ドニプロ市にあるアートハウス「モドゥリ」は、アーティストたちが一度に複数の分野で支援を行っている鮮やかな例の1つです。

戦争中に障害を持つ人々がどのように支援を受けているか

戦争

戦争中に障害を持つ人々がどのように支援を受けているか

本格的な戦争は、障害を持つ人々にとって日常生活をさらに困難なものとしたため、課題となっています。住居や移動の面で特別な条件が必要なので、避難するのは簡単ではありません。本格的な戦争中はもちろん、障害を持つ人たちにとって包括的ではない空間での快適さを確保するために、彼らは支援を必要としています。ヴァレンティーナ・ドブリディーナは、長年にわたって障害を持つ人々を支援してきた活動家です。20年前、彼女はブコヴィナ地方で障害者のケアをする公的組織を設立しました。

避難民を牧場で受け入れる

コミュニティ

避難民を牧場で受け入れる

ロシアによる全面侵略が始まった最初の日から、ウクライナ中部と東部の多くの住民は敵の砲撃から逃れるために西部地域へ避難しました。2月24日まで、ハリチナ地方の「スカルボーヴァ・ホラ牧場(Скарбова гора:トレジャーマウンテン牧場)」はグリーンツーリズムの中心地でした。しかし、ロシアの侵略が始まると、この場所は、マリウポリ、オフティルカ、ハルキウ、ブチャ、ボロジャンカなどから家を離れることを余儀なくされた避難民たちの避難所になりました。

「ズフラヤ」がどのように戦争中に機能しているか

戦争

「ズフラヤ」がどのように戦争中に機能しているか

全面戦争の影響を受けた地域は、現在、食糧が不足しており、基本的なサービスもままならない状態です。女性のボランティアたちは、食料、水、薬などの必需品にアクセスできるように、コミュニティへの支援を迅速に組織しました。「ズフラヤ(群れ)」は、エウヘニア・タリノウシカが率いるそのようなボランティア組織の1つです。

マリウポリの声 ハリーナ

コミュニティ

マリウポリの声 ハリーナ

マリウポリの声とは、包囲されたマリウポリから避難することができた人たちのストーリーを聞くシリーズです。今回は、包囲された都市にいる間、教育ハブ「ハラブダ」から結成された大きなボランティア本部をチームと調整したハリーナの物語です。2016年以来、「ハラブダ」は自由スペースとしても知られており、軍や避難民への支援の中心地としても知られています。戦闘行為の激化とロシア軍による絶え間ない砲撃により、ハラブダの人たち(ハラブディウツィ)は再びボランティアとなりました。3週間足らずで、ハリーナのチームは約25,000人のマリウポリの住民を支援しました。

「Come Back Alive」がロシアの崩壊をどのように加速させているか

戦争

「Come Back Alive」がロシアの崩壊をどのように加速させているか

2014年にウクライナに対するロシアの侵略が始まって以来、Come Back Alive基金はウクライナ軍を支援してきました。 2022年2月にロシアがウクライナに全面侵略を開始した最初の日から、Come Back Aliveのチームは軍事装備を購入し、キーウからの民間人の避難を支援し、空中偵察装備で軍隊を支援し、戦争における情報分野を強化してきました。

Ukraїnerをフォローする