カリーナ・ピリューヒナ

アシスタントプロデューサー, 脚本

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

ホロドモールに関する神話

ホロドモール

ホロドモールに関する神話

今回はホロドモールに関する最もありふれた神話、つまりデマについてお伝えします。その内容は、1930年初頭にホロドモールの惨劇はなかった、ただの不作だった、ソ連圏ではどこでもあった、ましてやウクライナ人が自分で起こしたものだ、など多岐にわたります。この特集ではそういったデマを分析し「神話」を反証していきます。

クリムチャク人とは?

民族コミュニティ

クリムチャク人とは?

クリムチャク人は、クリミア半島でクリミア・タタール人やクリミア・カライム人と並んで形成されたウクライナの先住民族です。クリムチャク人は、主に正統派ユダヤ教を信仰し、クリムチャクの祈りの儀式を行うことでよく知られています。2014年、ロシアによるクリミアの一時的な占領が始まると、すでに小さくなっていた民族の一部の代表者は半島を離れてウクライナ本土に向かうことを余儀なくされ、そこで彼らは伝統を守り伝え続けています。

世界各地におけるウクライナの団結の現象

戦争

世界各地におけるウクライナの団結の現象

ロシアによるウクライナへの全面的な侵略は、ウクライナ国内だけでなく、ポーランド、チェコ共和国やブルガリアからアメリカ、メキシコやベトナムまで、全世界のさまざまな地域でウクライナ人を団結させました。何千人もの人々がウクライナを支援しています。最前線のため車や救急車を購入したり、ウクライナ難民に住む場所を提供したり、ウクライナの人たちを支援するデモなどをしたりしています。今回は、ウクライナを支援するために団結したさまざまな国からのボランティアに関連したイニシアチブの数々を集めてみました。このリストはすべてを網羅しているわけではありませんが、団結したウクライナ人を打ち負かすことはできないことを明確に示しています。

「ズフラヤ」がどのように戦争中に機能しているか

戦争

「ズフラヤ」がどのように戦争中に機能しているか

全面戦争の影響を受けた地域は、現在、食糧が不足しており、基本的なサービスもままならない状態です。女性のボランティアたちは、食料、水、薬などの必需品にアクセスできるように、コミュニティへの支援を迅速に組織しました。「ズフラヤ(群れ)」は、エウヘニア・タリノウシカが率いるそのようなボランティア組織の1つです。

「Come Back Alive」がロシアの崩壊をどのように加速させているか

勝利のためのイニシアチブ

「Come Back Alive」がロシアの崩壊をどのように加速させているか

2014年にウクライナに対するロシアの侵略が始まって以来、Come Back Alive基金はウクライナ軍を支援してきました。 2022年2月にロシアがウクライナに全面侵略を開始した最初の日から、Come Back Aliveのチームは軍事装備を購入し、キーウからの民間人の避難を支援し、空中偵察装備で軍隊を支援し、戦争における情報分野を強化してきました。

戦争中に医師がどのように命を救っているか

戦争

戦争中に医師がどのように命を救っているか

ロシアのプロパガンダの冷笑的な声明にもかかわらず、ロシア軍は体系的にウクライナの病院を砲撃しています。全面戦争が始まってからの2か月で、300を超える医療施設が被害を受けました。しかし、そのような困難な状況下でも、病院は運営を続けており、医師は文字通り病院に住んでいることがあります。医療従事者はシェルターを設置し、人々の健康をサポートし、オンライン相談を実施しています。そして、彼らはウクライナの勝利後の計画について幼い患者と一緒に夢を見る機会を探しています。

Ukraїnerをフォローする