カテリーナ・ユゼフィク

コンテンツマネージャー, コンテンツマネージャーコーディネーター

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

1日が1年に感じたとき: ブチャのストーリー

ロシアの犯罪

1日が1年に感じたとき: ブチャのストーリー

ウクライナに対する大規模な侵略が始まった当初にブチャに入ったロシア兵。この戦争で最初に国際メディアに現れた写真のひとつは、ヴォクザールナ通りにある破壊された彼らの兵器の写真でした。その1週間後、ロシア軍が戻って街を占領し、市民を恐怖に陥れました。ウクライナが占領から解放した後、世界は何百もの遺体の映像に恐怖を覚えました。そのほとんどがヤブルンシカ通りでのものでした。この間、人々は水も電気も暖房もない生活を送っていました。ロシアによる砲撃の下で、食料の代わりに犬の餌を食べている状況でした。

全面戦争が始まってからの2年間: マリウポリ出身のマリヤのストーリー

マリウポリの声

全面戦争が始まってからの2年間: マリウポリ出身のマリヤのストーリー

2022年、Ukraїner / ウクライナーのプロジェクトに「マリウポリの声」というストーリーシリーズが加わりました。マリウポリの戦いの始まりから終わりまで、私たちは占領から逃れることができた人々のストーリーを伝えてきました。マリウポリがまだロシア軍の支配下にある2024年2月、「マリウポリの声」プロジェクトの英雄たちは、本格的な侵略が始まってからの2年間で、彼らの生活がどのように変わったかを共有します。リトアニアでの生活、トラウマの克服、マリウポリへの郷愁について、マリヤ・クトニャコヴァのストーリーのその後をお伝えしていきます。

他国におけるウクライナの平和維持活動および軍事・人道的活動

戦争と国際情勢

他国におけるウクライナの平和維持活動および軍事・人道的活動

武力攻撃・自然災害・伝染病・経済危機など、ほぼすべての国で大規模な問題に直面する可能性があります。しかし、自国民の幸福を考えるだけでなく、多くの国がグローバルな問題から目をそらしているわけではありません。ウクライナが独立を回復してからロシアの本格的な侵略を受けるまで、国際人道ミッションや平和維持活動にいかに積極的に参加してきたかをお伝えします。

文化財返還とは何か? 第二次世界大戦後とロシアによるウクライナに対する戦争の中での経験

博物館

文化財返還とは何か? 第二次世界大戦後とロシアによるウクライナに対する戦争の中での経験

ウクライナの文化遺産の返還問題は、他国の植民地時代や戦後期との関連でも議論されており、「返還」という言葉は勢いを増しています。 この記事では、ウクライナが失った文化遺産を取り戻すにはどうすればよいのか?ロシアの文化的犯罪を裁くことは可能なのか?盗まれた文化遺産を取り戻そうとした他国の経験から、私たちは何を学ぶことができるのか?といった質問への答えを探していきます。

戦争はどのような形で動物と自然環境に影響を及ぼすのか

エコテロリズム

戦争はどのような形で動物と自然環境に影響を及ぼすのか

戦争がいかにして周囲の自然環境に脅威を及ぼしていて、我々は自然環境を取り戻すために何をすることができるのでしょうか。イヴァン・フランコ記念リヴィウ国立大学の助教授であり、世界自然保護基金WWFウクライナの専門家兼マネージャーでもあるオスタプ・レシェティロと語り合いましょう。

Ukraїnerをフォローする