テーマ

他国におけるウクライナの平和維持活動および軍事・人道的活動

武力攻撃・自然災害・伝染病・経済危機など、ほぼすべての国で大規模な問題に直面する可能性があります。しかし、自国民の幸福を考えるだけでなく、多くの国がグローバルな問題から目をそらしているわけではありません。ウクライナが独立を回復してからロシアの本格的な侵略を受けるまで、国際人道ミッションや平和維持活動にいかに積極的に参加してきたかをお伝えします。

文化財返還とは何か? 第二次世界大戦後とロシアによるウクライナに対する戦争の中での経験

ウクライナの文化遺産の返還問題は、他国の植民地時代や戦後期との関連でも議論されており、「返還」という言葉は勢いを増しています。
この記事では、ウクライナが失った文化遺産を取り戻すにはどうすればよいのか?ロシアの文化的犯罪を裁くことは可能なのか?盗まれた文化遺産を取り戻そうとした他国の経験から、私たちは何を学ぶことができるのか?といった質問への答えを探していきます。

戦争はどのような形で動物と自然環境に影響を及ぼすのか

戦争がいかにして周囲の自然環境に脅威を及ぼしていて、我々は自然環境を取り戻すために何をすることができるのでしょうか。イヴァン・フランコ記念リヴィウ国立大学の助教授であり、世界自然保護基金WWFウクライナの専門家兼マネージャーでもあるオスタプ・レシェティロと語り合いましょう。

100枚の写真で見るウクライナの2023年

「100枚の写真でみるウクライナ」は、Ukraїnerが2017年以来、伝統的に毎年末に作成しているその年のまとめ記事です。私たちのチームが過去12ヶ月間に撮影した最も印象的な写真を紹介しています。力強いウクライナの旅団のストーリー、占領から解放された地域の情報、ウクライナのボランティア・農家・文化人などの活躍は、すべて記録されて伝えなければならない私たちの現代史です。

ウクライナの書籍の歴史: 書籍出版の中心地オストロフ

ウクライナの書籍印刷の歴史は、15世紀にまで遡ります。リヴィウ・キーウ・チェルニーヒウなどの様々な都市に出版センターが設立されました。これらのセンターの1つが、ウクライナ西部に位置する街であるオストロフです。

ウクライナ正教会:モスクワからの独立の過程

ウクライナの教会は、古代から現在に至るまで多くの困難に直面してきました。その歴史は混乱していて複雑に見えるかもしれませんが、17世紀後半以降ウクライナの教会はモスクワそしてソ連の占領下という暗闇の中にありました。

ナワリヌイとウクライナ: ロシアの「反体制派」指導者のチームが考える戦争の打開策

アレクセイ・ナワリヌイ率いる反体制派チームとは一体何者なのでしょうか?反体制派を自称するこれらのロシアの勢力は、基本的な民主主義的信条とロシアによるウクライナに対する戦争の終結について発言していますが、彼らの発言を詳しく見てみると、それが彼らの主要なテーマとはほど遠いことがわかります。

次の投稿を表示する

Ukraїnerをフォローする