カテリーナ・レフカ

校正, 編集

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

クリミアはどのようにロシアの占領に抵抗しているのか?

戦争

クリミアはどのようにロシアの占領に抵抗しているのか?

ロシア軍がクリミアを占領したのは2014年に遡り、ここからロシアがウクライナへの侵略を始め、2022年にはウクライナの全領土に対して侵略を試みています。クリミア半島がロシアのものであるという神話があり、「ルースキー・ミール」の支持者がいる一方で、ウクライナを支持している市民も常にクリミア半島に暮らしていました。戦争が勃発した時には、クリミア半島の住人の一部がウクライナ領に移住しました。しかし、ウクライナ人の中には、不法に拘束され、投獄される危険を冒しながらも、クリミア半島に残り、ロシアの占領に抵抗する者もいます。

Razom for Ukraine(ウクライナとともに) :私たちを守っている人の命を守る

戦争

Razom for Ukraine(ウクライナとともに) :私たちを守っている人の命を守る

Razom for Ukraineは、尊厳の革命においてアメリカのウクライナ人により設立された市民団体で、ほぼ9年間の活動で、アメリカ・カナダ・ポーランドそしてウクライナの活動家の国際的な協会となりました。全面的な侵略の前までにも、この団体は膨大な数のプロジェクトに取り組んでいました。ウクライナの脳神経外科医のスキルアップや、アメリカでウクライナが必要なものを提唱すること、希少疾患の子供の治療のための資金調達やロシア・ウクライナ戦争の退役軍人と軍人の家族のためのプロジェクトの実施等を行ってきました。

ソレダール:ドネツィク地方の塩坑がある土地

コミュニティ

ソレダール:ドネツィク地方の塩坑がある土地

2014年、ロシアの占領軍はドネツィク地方のソレダールという街を占領しようとしました。しかし、彼らは数ヶ月間しか持ちこたえることができませんでした。2022年2月24日以降、この街は繰り返し敵の攻撃を受け、2023年1月初旬にはロシア軍が攻撃を強め、ウクライナの防衛部隊はソレダールの外に防衛線を移動させざるを得なくなりました。ヨーロッパ最大級の塩の採掘企業や急速に発展した観光産業があったこの町は、ロシアの「解放者たち(ロシア語で「アスヴァバディーテリ」)」によってほぼ完全に破壊されたウクライナの集落の一つとなりました。

ノルドストリーム2: 存在する必要のないプロジェクト

戦争

ノルドストリーム2: 存在する必要のないプロジェクト

ヨーロッパのロシアへのガス依存は前世紀に始まり、今日においてガスはウクライナに対する戦争におけるロシアの武器となっています。ノルドストリーム2は、バルト海下のガスパイプラインで、ウクライナや東欧諸国の領土を迂回してヨーロッパに燃料を供給するために建設されたものです。こうすることで、ロシアは自国のガス市場を確保しつつ、ウクライナを支援する欧州諸国への影響力を高めることができるのです。 今回は、ウクライナの安全保障がノルドストリーム2の動向にどう関わってくるかを見ていきましょう。

ロシアが引き起こした世界の危機

ロシアの犯罪

ロシアが引き起こした世界の危機

第二次世界大戦後最大の欧州危機と国際安全保障体制の揺らぎは、ロシアがウクライナに本格的な侵略をかけた結果です。侵略国のテロ行為は、戦場での民間人の死亡、民間インフラの破壊、人災につながっています。この結果は、ウクライナだけでなく、ウクライナが各々のレベルの関係を築いている他の国も感じています。

ウクライナの料理戦線

勝利のためのイニシアチブ

ウクライナの料理戦線

本格的な侵略の最初の日から「キッチン部隊」は兵士、医者や看護師、避難民、そして食料を必要とするすべての人々に食料を提供してきました。料理のイニシアチブのおかげで、今では世界においてより多くの人々がウクライナについて学び、それを金融的に支援しています。領土一体性の回復とロシアの影響力からの最終的な撤退のためのウクライナの戦争は多くの面で続いており、料理もその1つです。他の多くの専門家コミュニティと同様に、ウクライナの食事分野に携わっている労働者とボランティアは、勝利を近づけるために団結しました。

Ukraїnerをフォローする