大下郁子

翻訳

コンテンツ作成に
参加しました。

文化における非植民地化:ロシアに弾圧されて自分たちのものとされたウクライナの芸術家たち

戦争

文化における非植民地化:ロシアに弾圧されて自分たちのものとされたウクライナの芸術家たち

ウクライナは何世紀にもわたってロシアの植民地だったことから、ウクライナの文化は非常に困難かつ劇的な状況の中で発展しました。「兄」による数々の抑圧、禁止、弾圧により、ウクライナの芸術家は、キャリアや命が危険にさらされても自分たちの文化に忠実であり続けるか、 自分のルーツを忘れて帝国に仕えるか、あるいはこれら2つの戦略をうまく使い分けて切り抜けるか、といった選択を迫られました。彼らの運命はこの選択にかかっていました。だからこそ、ウクライナの遺産としての多くの芸術家の伝記や創造的な作品は、今も再検討される必要があるのです。ロシアがかつて彼らにどのような影響を及ぼしたのかを知る必要があります。

ナワリヌイとウクライナ: ロシアの「反体制派」指導者のチームが考える戦争の打開策

戦争

ナワリヌイとウクライナ: ロシアの「反体制派」指導者のチームが考える戦争の打開策

アレクセイ・ナワリヌイ率いる反体制派チームとは一体何者なのでしょうか?反体制派を自称するこれらのロシアの勢力は、基本的な民主主義的信条とロシアによるウクライナに対する戦争の終結について発言していますが、彼らの発言を詳しく見てみると、それが彼らの主要なテーマとはほど遠いことがわかります。

Ukraїnerをフォローする