全ての地域

ロシアはどのようにクリミアを占領したのか?

2014年2月20日は、ロシアがクリミアの占領を開始した日です。ウクライナ人活動家の失踪、重要施設の占拠に伴う現地人に対する脅迫と彼らの「人間の盾」としての利用、そして偽りの住民投票の実施など、これらは侵略国が半島にもたらしたものです。クリミアの占領は、ロシアが「ロシア固有の領土」を返還したいという願望に対して世界がどのように反応するかを確認するためのリトマス試験紙となったのです。世界の大半はロシアの行動を非難しましたが、実際には、ロシアがウクライナの土地を一歩一歩食い潰していくのを、誰も、そして何も止めることができなかったのです。

ウクライナの「尊厳の革命」について知っておくべきこと

ウクライナの現代史において、2月は運命的な変化の時期となりました。2014年のこの月、2013年11月にユーロ・マイダン革命として始まった「尊厳の革命」における平和的な抗議活動は、力ずくでの解決の試みにより、活動家と治安部隊の大規模な衝突に発展しました。革命に参加していた人たちは「尊厳の革命」における犠牲者107人を公式に認定し、彼らは「天の百人」と呼ばれています。天の百人の英雄の日は、当時の政府の政策に反発し、自由とウクライナの民主的な未来のために戦った人々の記憶を称えるために、2月20日に祝われるものです。

2月24日に関する ウクライナ人の記憶

2022年2月24日は、何百万人ものウクライナ人の記憶に永遠に刻まれる日となりました。本格的な戦争が始まって1年経った今でも、この日の音や味や匂いをウクライナ人たちはよく覚えています。人生がこの日の「前」と「後」に分けられたのです。
あの2月の朝、ある人は愛する人を救いつつも急いで故郷や村から避難し、ある人は急いで救援所を設置し、ある人は防衛軍に入るために近くの軍入隊事務所に駆け込み、ある人は素手で占領軍の戦車を止めて単独で抵抗しました。混乱と怒りの中、ウクライナ人は自分たちの命と愛する人の命を救い、国の独立を守るために、あらゆるリソースを迅速に結集させました。

現代における ウクライナ人に対する 強制追放

ロシアは、本格的な戦争を始めて以来、ウクライナ人を追放し続けています。最高議会人権代表ドミトロ・ルビネツの情報によると、2022年2月以降、少なくとも280万人のウクライナ人がロシアへ行くことを余儀なくされたか追放されました。ウクライナ人がベラルーシに強制的に追放されたケースも明らかになっています。

いかにロシアがウクライナの医療システムを破壊しているか

戦時下の規則を遵守しつつ戦うという考えは、ロシアの戦略にはなく、それは全面侵攻の最初の数日間ですでに明らかとなっています。民間インフラや住宅に対して繰り返し行われる攻撃、民間人に対するテロ行為、人道危機の人為的な創出は、決して偶然ではなく、テロ国家のよく計算された措置なのです。

トップストーリー

ウクライナのクリスマス

ウクライナの伝統的な新年のお祝い:マランカ

1918年まで、ウクライナ人はユリウス暦で新年の到来を祝っていました。現代のグレゴリオ暦と旧ユリウス暦では13日の差があるため、現在ウクライナの新年は12月31日の夜から1月1日にかけて祝われますが、昔の習慣では、その13日後に再び1年の幸福を祈るため、この日を旧正月と呼ぶのです。

Spend with Ukraine : ウクライナブランドをご紹介します

ロシアが仕掛けた戦争は、ウクライナの経済やビジネスなど、生活のあらゆる分野に影響を及ぼしています。企業家たちは、新しい状況下で可能な限り柔軟に対応することを学んでいます。ウクライナ人自身も、ウクライナを愛しているので、ウクライナの生産者を応援しようという気持ちは高まるばかりです。そして、外国人たちは(多くの人たちにとっては初めて)ウクライナについて発見することに興味を持っています。なぜなら、ウクライナはロシアでもなく、その一部でもなく、独自の文化を持つ独立した正真正銘の国家だからです。

ノルドストリーム2: 存在する必要のないプロジェクト

ヨーロッパのロシアへのガス依存は前世紀に始まり、今日においてガスはウクライナに対する戦争におけるロシアの武器となっています。ノルドストリーム2は、バルト海下のガスパイプラインで、ウクライナや東欧諸国の領土を迂回してヨーロッパに燃料を供給するために建設されたものです。こうすることで、ロシアは自国のガス市場を確保しつつ、ウクライナを支援する欧州諸国への影響力を高めることができるのです。

今回は、ウクライナの安全保障がノルドストリーム2の動向にどう関わってくるかを見ていきましょう。

次の投稿を表示する

Ukraїnerをフォローする