ソフィヤ・バジコ

トランスクライバー

Facebookページ

コンテンツ作成に
参加しました。

文化財返還とは何か? 第二次世界大戦後とロシアによるウクライナに対する戦争の中での経験

博物館

文化財返還とは何か? 第二次世界大戦後とロシアによるウクライナに対する戦争の中での経験

ウクライナの文化遺産の返還問題は、他国の植民地時代や戦後期との関連でも議論されており、「返還」という言葉は勢いを増しています。 この記事では、ウクライナが失った文化遺産を取り戻すにはどうすればよいのか?ロシアの文化的犯罪を裁くことは可能なのか?盗まれた文化遺産を取り戻そうとした他国の経験から、私たちは何を学ぶことができるのか?といった質問への答えを探していきます。

戦争がどのように黒海に影響を与えたか

エコテロリズム

戦争がどのように黒海に影響を与えたか

1996年、黒海沿岸6カ国は「黒海の回復と保護のための戦略的行動計画」に署名しました。その必要性が生じたのは、人類の影響によって黒海の独特な自然複合体が破壊される危険性が生じたからです。現在、黒海を保護する必要性は、ロシアの侵略の影響も相まって、かつてないほど高まっています。戦争は黒海にどのような影響を与えているのでしょうか?そして、自然と人間への悪影響を克服するために何ができるのでしょうか?

ベルジャンシク方面:2023年にウクライナの反転攻勢がどのように始まったのか?

占領からの解放

ベルジャンシク方面:2023年にウクライナの反転攻勢がどのように始まったのか?

2023年6月初め、ソーシャルメディアではウクライナの攻勢作戦が始まったという情報が拡散されました。占領軍がウクライナ軍の進軍を阻止しようとする試みを示す最も重要な出来事のひとつは、ウクライナ南部で起きた大規模な犯罪であるカホウカ水力発電所のダムの爆破でした。その後、6月10日にウクライナのゼレンシキー大統領は攻勢が実際に進行中であることを確認しました。主な攻撃はドネツィクおよびベルジャンシク方面に集中しました。それ以来、ウクライナ軍は徐々に敵の防衛ラインを突破し、占領された地域を解放し始めました。

「私にはこの人たち以外に何も残っていません」  バフムート方面でのウクライナ軍の反転攻勢の現状

占領からの解放

「私にはこの人たち以外に何も残っていません」 バフムート方面でのウクライナ軍の反転攻勢の現状

「アルテーミウシク」と非共産化前に呼ばれていたバフムートはドネツィク地方に位置し、2014年にはすでにウクライナ軍と親露派武装勢力の戦場となっていました。当時、戦闘は数ヶ月続きましたが、最終的に占領軍はその地域から撤退しました。人口7万人を超えるこの街は、過去8年間、復興と発展を試みてきました。バフムートは塩製造業の中心地であり、いくつもの工場が稼働しており、ブランドシャンパンまで生産していました。しかし、ロシアによる全面侵略が始まって、全てが一変しました。2014年に一時的に占領された地域との境界線に近かったため、2022年の春、この街は電気もなく、砲撃や空爆に見舞われました。2023年初秋の時点で、ほとんどすべての建物とインフラが深刻な被害を受けているか、あるいは、破壊されています。そのため、住民の99%が帰る場所を失ってしまいました。